お肌の知識

女性ホルモンとお肌の関係性

女性ホルモンは、お肌と非常に大きく関係しています。特に女性は生理周期や妊娠によって女性ホルモンのバランスに乱れが生じて乾燥肌になったり、逆にニキビができたり、またシミが増えたりすることもあります。これは二つのホルモンが大きく関係します。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがあります。エストロゲンはコラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分の生成を促したり、お肌にハリや潤いを与える働きがありますが、プロゲステロンは皮脂の分泌を活発にしたり体内の水分量を保ったりメラニンの生成を促したりしますが、分泌されることでイライラしたり憂鬱になることもあります。

この2つのホルモンの分泌によって、お肌にハリが出たりうるおいが保持されたり、女性らしい体つきになったりと、バランスよく整っていれば良いのですが、生理周期などでバランスが崩れてしまうことで様々なデメリットが出てきます。

例えばエストロゲンの減少で保水力が低下しますので乾燥肌になったり、それによって肌への紫外線ダメージが大きくなりシミができやすくなるということもあります。プロゲステロンが増えることも、メラニン色素が生成される原因にもなります。

コラーゲンの生成が減少するというのは、年齢を重ねるとより感じやすくなりますが、特に30代後半からそれは進行します。女性ホルモンの減少というところですと閉経後に一気に減りますが、そこからさらに乾燥肌が進行しますので徹底的に保湿を行うことが重要です。

乾燥肌になると、あらゆる肌トラブルを引き起こすことになりますし、シワや毛穴の開きによるたるみ、また紫外線からのダメージもうけやすくシミも増えてきます。コラーゲン生成を促す方法を実行し、成長ホルモンが分泌される20時から2時の間に良質な睡眠をとるということも大事なポイントです。

また女性ホルモンを増やすために、大豆イソフラボンを摂取するのは有効です。大豆にはエストロゲンと似た成分が入っているためです。

以上のことを意識しながら、素敵なお肌になるように頑張りましょう。

キレイなお肌ケア用品はこちら

-お肌の知識

Copyright© ハニプラ美容液は効果なし?口コミを136件見て分かった!人気の理由 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.