お肌の知識

お肌に良い食事とは?調べてみました

お肌を美しく保つ為には、食事も気にしなくてはなりません!お肌に良い食事7とは、いったい何なのか調べてみましたので、ご報告いたします。

 

お肌の状態が悪くなると肌荒れを起こして大人ニキビができてしまったり、かゆみや赤みが生じたり顔だけでなく、体も乾燥してしまったりします。

このような症状は一つだけでなく、様々なものが組み合わさって同時に出てしまうこともあるため注意しなくてはなりません。

特に肌荒れを起こしてしまう場所には、おでこやほほ、口の周りや顎、髪の生え際に起こりやすく、人の目が行きやすいところに起こります。原因としては、ホルモンバランスの乱れや肌のバリア機能の低下、ターンオーバーの乱れがあげられます。

このような原因を取り除くには、お肌のケアをするのと同時に、体の内側からのケアをしていくことも大切になります。

内側からのケアとは、食事のことです。サプリメントで補うと行くよりかは、実際の食事で栄養を取ることが大切です。

肌にとって良い栄養素に、肌細胞を作るたんぱく質、ターンオーバーの乱れをなおし、ホルモンバランスを整える鉄分ビタミン類があげられます。

特にたんぱく質はきめ細やかな肌を作るのに必要なコラーゲンをつくるもとになり、さらに肌代謝を促すことができます。含まれている食べ物には肉類大豆製品たまご乳製品があります。ささみなど鶏肉は良質なたんぱく質であり、カロリーはさほど高くないので、女性にとって摂取しやすいたんぱく質となります。

肌によいビタミンにはB2やB6、CやビタミンA、Eがあげられます。肌のターンオーバーを整えるのがビタミンB6であり、レバーや豚肉、まぐろやいわし、卵や大豆、セロリに多く含まれています。

紫外線など酸化に伴うストレスから守り、血行を促すのはビタミンEで、ツナ缶やたらこ、アボカドや大根、アーモンドといった身近な食材に多く含まれている特徴があります。

なお、これらの食べ物はどれか一つを多く食べるのではなく、バランスが大事であり、バランスが乱れてしまうと肌状態も悪くなってしまいます。和食には様々な栄養素を含むことができるので、和食を中心とした食事にすると良いです。

水分補給も忘れないようにし、バランスがとれているかをチェックすることが大切となります。

ハニプラ美容液の効果を最大にする為にも体の内側からのケアも大切です!

内外から美肌をサポートして行きましょう!!

ハニプラ美容液について詳しく知りたい方はこちら

-お肌の知識

Copyright© ハニプラ美容液は効果なし?口コミを136件見て分かった!人気の理由 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.