お肌の知識

お肌と睡眠の関係性

美肌になる為に、お肌と睡眠の関係について調査致しましたのでご紹介いたします。

 

睡眠不足になると目の下にくまができたり、顔色が悪くなったりすることがあります。これは睡眠を十分に行わないことによって皮膚の細胞が分裂を行うことができず、うまく再生できないからです。
お肌の状態を良くするには、バランスよく栄養を摂取すること、ストレスをためない、適度に運動を行うといったことのほかに睡眠が大変重要になってきます。

人間の場合、睡眠中に成長ホルモンが分泌され、皮膚の細胞の分裂や再生を促しているためです。

美容に良い時間帯は眠りにはいったころであり、眠りに落ちてすぐの時間帯が最も肌にとって良い影響を与えます。この時間帯は多くの成長ホルモンが分泌をし、細胞の分裂を促すのと同時に再生活動を活発化させるので、大切にしなければならない時間となります。

なお、成長ホルモンの分泌量が最も多くなるのは、睡眠に入った直後から3時間ほどの間です。

さらに美容に良い時間帯は夜の10時から深夜の2時までとなっています。そのためできるだけ夜の10時には睡眠に入るようにします。
ただし、睡眠の質も大切になります。人間の体は自律神経の関わりによって生命を維持しています。

この自律神経は交感神経と副交感神経から成り立っており、バランスよく作用することが大切です。良質な睡眠は副交感神経を優位にすることができるので、肌の状態も整っていき、ターンオーバーを促すことができます。

睡眠不足にならないようにするには、睡眠前に交感神経が優位にならないようにします。

交感神経は少しの刺激においても緊張状態にし、脳を活性化させてしまうので、できるだけ睡眠に入る1時間前からはリラックスした空間づくりを意識し、

布団に入ったら部屋を暗くする

スマートフォンなどの画面を見ない

音楽をイヤホンから聴かない

といったことが大切になります。

脳をリラックスすることで副交感神経が優位となり、良い睡眠をとることができ、成長ホルモンが分泌されるので、寝る前の環境をしっかりと整えるようにします。

そうすることでまた一歩、美肌に近づくことでしょう!

-お肌の知識

Copyright© ハニプラ美容液は効果なし?口コミを136件見て分かった!人気の理由 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.