お肌の知識

お肌とストレスの関係性

美肌を目指す上で、ストレスも弊害となってきます。一体ストレスがお肌にどのような悪影響を与えるのか、調査しましたのでご紹介いたします。

肌状態が悪くなる原因として、ストレスホルモンバランスの乱れ、食生活や生活習慣の乱れなどが関係しており、肌の状態を良くするには、これらのことに注意しなくてはなりません。美肌を目指す上で、一体ストレスがお肌にどのような悪影響を与えるのか、調査しましたのでご紹介いたします。

ストレスの場合、肌だけでなく体全体に影響を及ぼすことがあり、ストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れるので注意が必要です。ストレスを感じた場合、ストレスホルモンが分泌され肝斑やニキビができやすいことがブラジルやフランスの研究にて判明しています。

さらに高ストレスの人の場合、低ストレスの人と比べて肌のかゆみが生じやすく、脱毛ふけ多汗症乾燥頭皮の脂っぽさが起きていることがわかりました。ニキビが多い人を見てもストレスが多い人ほど多く発生してしまうこともわかっています。

このようにストレスホルモンが関係して自律神経が乱れ、ニキビや脂漏、じんましんや接触性皮膚炎などの肌トラブルを起こすほか、円形脱毛症やアトピー性皮膚炎を悪化させてしまったり、乾癬や皮膚がんのリスクも高まったりしてしまいます。

ストレスを溜めないようにするには、睡眠と適度な運動、水分補給とバランスの良い食事が大切であり、睡眠を多く取っている女性の方が肌のバリア機能が高いことが判明しました。睡眠も良質な睡眠であることが大切であり、ストレスを溜めないように寝る前はスマートフォンの画面を見ないなどの工夫が必要です。
また、適度な運動においては有酸素運動が適しています。

有酸素運動にはジョギングやウォーキング、ヨガや水中歩行、スイミングなどがあげられ、適度な運動によって体温調節をすることができるので、毛穴の機能も高まり必要のない老廃物や皮脂を排出することができます。

さらに運動をすることによって成長ホルモンが分泌されるので、ストレス解消とともにアンチエイジングや美肌作りになります。

もっとお肌の知識を増やしたい方は

-お肌の知識

Copyright© ハニプラ美容液は効果なし?口コミを136件見て分かった!人気の理由 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.